市場の反応が見たい時などには低コストでまずは作成してみる

中小企業にうれしい化粧品の小ロットoem

女性からの関心度が高い化粧品は、安定した売り上げが期待できる魅力的な市場です。大手メーカーがひしめき合っているものの、使用する成分などで画期的な化粧品を作ることができればシェアを奪うことも可能です。ネット通販を活用すれば販売店を持つ必要もなく、中小企業にとっても参入する価値がある市場と言えます。
中小企業が化粧品販売を始めるには、自社オリジナルの製品を作る必要があります。中小企業にとってこの製造が最も難しく、中でも試作品を作るのに必要なコストが経営基盤の弱い企業には負担としてのしかかってくるようです。
しかし最近では化粧品の小ロットoemサービスが登場しており、それを利用することで中小企業でも容易に参入できるようになってきました。化粧品の小ロットoemなら100個程度の製造でも応じてくれるため、製造コストを大幅に抑えることができます。これは何度も配合を繰り返す試作品づくりの段階でとても頼りになるサービスで、より良い商品づくりに貢献してくれます。
販売数がそれほど見込めない商品の製造においても、化粧品の小ロットoemが助けになります。化粧水や美容液といった定番の商品を、およそ10万円以下で製造できるからです。まずは市場の反応を見たいという時は、こちらのサービスで小ロットだけ作ってもらうと良いでしょう。

意外と簡単な化粧品の小ロットoem

小規模事業者にとってオリジナルの化粧品を作るのはハードルが高いものです。特に「成分や薬剤知識がないと難しそう」「生産数とそれにかかるコストが莫大な金額がかかりそう」というイメージを持たれている人が多いのではないかと思います。でも、小ロットoemなら簡単でコストもそれほどかかりません。そんな小ロットoemの作り方について書いてみたいと思います。まず、oemメーカーによって最小の発注単位が決まっています。これはメーカーによって異なっているので問い合わせる他ありません。
最小単位が確認できたら、メーカー担当者と内容について打ち合わせです。薬剤知識は必要なく、ざっくりとしたイメージで商品の仕上がりを話してみて下さい。oemメーカーが持っている基本のレシピもありますが、ベンチマークとなる他社製品を挙げてみるのもいいでしょう。有名な商品ならば似たような処方のレシピを持っているはずです。そこに入れたい成分、質感、香りなどの要望を伝え、まずは試作品を作ってもらいます。
特に香りはイメージでは伝わりにくいため、初回の打ち合わせ時に香料のサンプルを持ってきてもらうのがいいと思います。試作品ができたら確認です。ここから何度か微調整を入れ、最終的な商品へと繋げていくことになります。後は容器、ラベルの仕様を決定すればOKです。意外と簡単にできる化粧品の小ロットoem。一度検討してみてはいかがでしょうか?

アウトバスエッセンスやワックス、カラートリートメントなど様々な実績があります。 小ロットでサロンオリジナル商品を気軽に作ることができます。 シャンプーとトリートメントをお客様に合った、ご相談・ご希望が行えます。 新商品の開発を考えているなら、一度ご相談した上で企画を進めていくことができます。シャンプー・トリートメントの成分などを美容室向けのヘアケア商品として掲載しています。 オリジナル化粧品を小ロットでoem製造をご検討の方へ